楽しい車の運転をしたいなら合宿免許で簡単GET!~ドライブ生活~

乗り物

お得に入校

乗り物

合宿免許は、自動車学校へ通うよりも料金が安いです。しかし、さらに料金を抑える方法は存在します。お得に入稿できる方法を知って、少しでもお金を浮かしちゃいましょう。

» 詳しく見る

合宿免許の事情

乗り物

時間も金銭事情に悩まされることがなく自動車免許を取得できるシステムである合宿免許ですが、選択の際には気をつけなくてはならないことが多くあります。それを覚えておくことが必要になります。

» 詳しく見る

メリットと基準の把握

乗り物

どこの地域でも合宿免許が注目されています。合宿免許は安いうえに短期間で免許が取得出来ることからとても人気がありますが、選ぶ際の基準やメリットについて把握しておくことが必要です。

» 詳しく見る

スケジュール

自動車を運転するためにも、免許が必要です。その免許を取得するためにも、車の合宿を行なってくれるこちらを利用しましょう。

入校手続き

乗り物

自動車学校へ入校する場合、基本的な流れがあります。1つ1つステップを踏んで卒業を目指していきます。
自動車学校へ通う場合も合宿の場合にも、教習内容は同じなのですが、スケジュールが変わってきます。
通学の場合には、自分で空いている時間を利用して教習の予約を行ないます。また、教習生が多い場合にはキャンセル待ちをしなければなりません…。
ここでは、合宿免許の流れを紹介します。

第一段階

入校するために、自動車学校で手続きを行ないます。合宿をする自動車学校で必要な書類の提出・記入・押印、適性検査を受けます。
適性検査といっても難しいものではなく、運転することが可能かどうかを調べるものです。視力検査、聴力検査、運動能力の項目に関する検査を受けることとなります。
合宿の入校手続きを終えると、当日に1限だけ学科を受けます。

第二段階

第一段階と言われる工程に入ります。
机に座って講師の授業が行なわれる学科教習、実際に教習車での技能教習が行なわれます。
第一段階では、運転に関する基本的な知識や技能を身に付けます。
第一段階の教習を全て受けたら仮免許の学科試験と技能の修了検定が行なわれます。
必要な点数を取ることが出来れば、仮免許を取得することができ、第二段階へ進むことが出来ます。

第二段階では、高速道路の走り方、応急救護方法などの応用編を学びます。
技能教習では、自動車学校内での教習ではなく路上へ出ます。不安に感じるかもしれませんが、横に講師が付いているので安心です。
第二段階で必要な教習を受ければ、学科と技能の卒業検定が行なわれます。卒業検定で合格することが出来れば卒業証明書を交付してもらうことができ、住民票のある地域で本試験を受けます。
本試験は学科のみです。
合宿の場合には、卒業までの期間は2週間程度です。毎日朝から夕方まで教習を受けることとなります。